土地購入を決める前には必ず現地調査をしよう!

by ,

不動産業者などに相談しながら青葉区の候補地を絞れてきたら、実際にその土地に足を運んでみましょう。

パンフレットやWebである程度土地の良し悪しや周辺環境を把握することは可能ですが、やはり自分で見聞きすることが重要です。

「良い土地が見つかった!」と思って即購入したものの、いざ住んでみたら後悔ばかりだった…ということもあるからです。

とくに近隣の様子については事前に把握しておくべきです。

新しく開発された住宅タウンで土地を選ぶ場合はあまり関係ないかもしれませんが、既に家が建っているエリアの一角を買う場合は、周りにどんな人が住んでいるかの調査は必須です。

また、騒音やにおいなども現地に行かなければわからないことなので、チェックする必要があります。

「引っ越しを検討しています」と地元の人に声をかけ、以下のような点についてヒアリングしてみましょう。

□厄介な自治体制度はないか。

□強力な住民コミュニティはないか。

□引っ越ししてきた人がいるか、その人たちは馴染めているか。

□不審な人や周りから恐れられている人はいないか。

□親しくなりたいと思えるタイプの人(家族構成が似ている、趣味が合うなど)はいるか。

□騒音や気になる音(交通による音や工場の機械音、動物の鳴き声など)はないか。

□鼻をつまみたくなるようなにおいはないか。

などです。

ただし、求めるライフスタイルや許容範囲は人それぞれ。

上記のように記載しましたが、人によっては、しっかりとしたコニュニティがある方が安心するという人もいるでしょう。

また、騒音についてはまったく気にならないという人もいると思います。

そのため、具体的なチェックポイントは家族でよく考えながら詰めていきましょう。

いずれにしても、これから家を建てて長く暮らす土地を机上だけで判断するのはおすすめできません。

青葉区は仙台市の中心であるため、行かなくてもわかるという人もいるかもしれませんが、やはり「住むため」に見ると違う気づきがあるはずです。

十分に調べて上で土地購入を決めましょう。