土地を探し始めたら、建てたい家も同時に考えるのが失敗しないコツ

by ,

青葉区で探す土地の希望条件が出そろったら、次にやるべきことが「建てたい家を考える」ことです。

家を建てるためには土地が必要なのだから、土地の条件が決まったら先に土地探しをした方が良いのでは?と思うかもしれません。

しかし、土地と家はセットで考えることが鉄則。

なぜなら、以下2つの理由があるからです。

①どのような土地にも制限やルールが定められている。

②土地だけの購入に住宅ローンは使えない。

①についてですが、これは専門的な知識も必要となるため、土地を考え始めたらすぐに不動産業者に相談することをおすすめします。

何も知らずに購入してしまうと、用途地域上三階建ては建てられない、土地自体は広いのに建ぺい率が低くて大きな家を建てられない、など理想の家づくりができなくなってしまうからです。

②については、土地をキャッシュで購入しようと思っている人以外にとっては非常に重要です。

住宅ローンの対象は土地と建物、つまり土地だけの購入には充てられません。

土地と建物をセット購入する建売住宅にすれば問題ありませんが、土地を先に選んでその後家を建てる注文住宅の場合は大変ですね。

しかし、そんな場合は「つなぎ融資」を利用します。

つなぎ融資とは、住宅ローン開始となる家完成までの間だけ使うローンのことです。

こちらについても専門的な知識を要するため、つなぎ融資の利用が必要な方は、早めに青葉区内の銀行や不動産業者に相談しておきましょう。

◎つなぎ融資についての記事はこちら(オリコン顧客満足度ランキングのサイトへ飛びます)⇒https://life.oricon.co.jp/rank_netbank/news/2108666/

このように土地だけを先に買うにはリスクがあるため、土地を考えだしたら建てたい家を考え始めるべきと言えます。

建ぺい率など、土地そのものにある制約については、変更できるものではないため、家族構成や希望のライフスタイルに合わせて、住居にどれぐらいの広さを求めるかを先に決めておくのが得策です。